すすきのの風俗街は「他地域と比べて安い料金で若い女の子と遊べる」という特徴があります。

お客さん側からすれば嬉しいですが、そこで働く女からすれば決して嬉しいことではありませんよね。

北海道に住んでいるならすすきので働くのが最も稼げる可能性が高いですが、あえて地元を離れて東京に出稼ぎに行く女の子も多いです。

すすきの風俗の値段が安い理由

すすきの風俗の値段が安い理由の一つは「箱型(店舗型)のお店が多いこと」です。

すすきのには箱ヘルが100店舗以上、ソープランドが40店舗あります。140店舗以上の店舗型風俗がある地域は全国的にも非常に珍しいです。吉原は135店舗あってほぼ同数ですが、川崎は70ほど、金津園は60ほどしかありません。

北海道に住む人の平均的な収入も決して高くはありません。平成28年賃金構造基本統計調査の「都道府県別の賃金の水準」で月収を見てみると、北海道は26.7万円なのに対して東京都は37.3万円です。(参考:http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/dl/08.pdf)

単純に東京都民の方が風俗に使えるお金が多いわけです。

出稼ぎの費用は風俗店が負担してくれる

もちろん遠方に出稼ぎするなら交通費や宿泊費がかかってしまいますが、10日以上の勤務で交通費・寮費を全額を支給してくれるお店が沢山あります。

出稼ぎ先を探す方法としてお勧めしたいのが風俗求人サイトのスカウト機能です。風俗店の店長が直接オファーをしてくれるシステムなので、簡単にお店が見つかります。出稼ぎを考えている方は参考になさってください。