すすきのは全国でも有数の店舗型風俗店(ヘルス・ソープ)が多い地域です。そこで多くの方が迷うのが『早番(09:00~17:00)と遅番(17:00~24:00)はどちらが働きやすいのか』ということです。

早番と遅番の特徴についてを考えてみましょう。

早番の特徴

  • 酔っぱらい客がいない
  • 普段から風俗遊びしているお客さんが多く、本指名を取りやすい
  • 朝方・昼型の生活サイクルになる
  • フリー客が少ない
  • 遅番に比べてバックが低い
  • 夜勤明けのお客さんは臭い

遅番の特徴

  • フリー客が多い
  • 癖のあるお客さんが少ない
  • お酒を飲んで来る人もいる
  • 一見客が多く本指名が取りにくい

早番と遅番のどちらが良いのでしょう?

単純に来客数だけなら早番よりも遅番の方が多いですから、誰でも安定して稼げるのは遅番です。特に午後7時~午後10時頃までが最もにぎわいます。ただし、店によっては遅番は酔っぱらい客が多いですから、接客疲れしてしまう可能性はあります。

リピーターを獲得できるなら早番の方が働きやすいです。明るい時間に風俗にくる方は普段から風俗遊びしていることが多く、本指名に繋がりやすいというメリットがあります。

早番と遅番にはどちらにもメリット・デメリットがありますし、客層だって変わります。どちらが良いかは自分の生活サイクルを最優先に考えて決めるのが良いでしょう。

デリヘルの忙しくなる時間帯は午後10時以降

デリヘルが忙しくなるのは午後10時~午前2時頃までです。

明るい時間帯の来客数は店舗型の方が有利ですから、稼ぎを理由に昼間デリヘルで働く理由は少ないでしょう。