すすきのは東京以北最大の歓楽街として知られています。

札幌市はもちろん、北海道における性風俗産業の中心地であり、夜になれば地元民だけでなく出張や旅行で訪れた人たちで賑わいます。

すすきのはどこにある?

すすきのという正式な地名はありません。

範囲は曖昧ですがススキノ観光協会によると、以下のように定められています。

  • 南北は南4条から6条の間
  • 東西は西2丁目から西6丁目までの間

すすきの交差点

すすきのの中心部、南4条西4丁目と南4条西3丁目の境界に位置する札幌駅前通と月寒通(南4条通)の交差点はすすきの交差点と呼ばれています。

交通量の非常に多い交通の要衝で、交差点の中央には時計塔が立っており、ランドマークとしても機能しています。道内でも交通事故の多い交差点であり、日本損害保険協会の調査によると、2007年、2008年には北海道内ワースト1、2009年にはワースト2でした。

すすきののソープランドについて

すすきのは北日本最大の歓楽街であると同時に、41店のソープランドがある日本有数のソープ街です。

他のソープ街でいう激安店~大衆店しか存在しないことから『価格の安さ』というイメージがありますが、60分1万円未満の激安ソープはほとんどありません。

また「NS」や「即尺」を基本サービスとしている店もありません。

すすきののファッションヘルスについて

すすきのには140店を超える数のファッションヘルス(店舗型ヘルス)があります。

ソープランドに多いサービスの「即尺」や「アナル舐め」などを基本サービスとしてる店が多く存在します。

すすきのはソープ街として有名ですが、本番行為を行わないヘルスも同じ価格帯で競合しています。サービスの良さやルックスの良さで対抗しています。

すすきののキャバクラについて

すすきのを含む北海道で言うところのキャバクラは、キャストさんへのタッチができるセクシーキャバクラ(セクキャバ・おっぱぶ)のことです。

関東以南で言うキャバクラ(キャストさんがが隣に座ってお酒を飲むだけの店)と同様の営業形態の店はニュークラブと呼びます。